「Turing’s collar™」のサービス名に込めるビジョン

AIの力とシンギュラリティを信じています。

私たちは次のロードマップを見込んでいます。

2020年までには、コンピュータのコストパフォーマンスの向上により、AIがますます日常生活に統合されていくでしょう。

2025年までにはバーチャルリアリティが生成され、「仮想アシスタント」プログラム搭載のコンピュータが登場します。

そして2029年。ナノテクノロジーの革命で、ロボットがチューリングテストを通過します。

AI産業に属している成長企業や画期的なベンチャーが抱えている最大の課題はビジネスモデルの発掘よりも、有用な人材の確保であると考えています。

だからこそ、私達、チューリングズカラー™は、日本中にイノベーションを起こす企業様を支援できるよう徹底的に努めていきたいと思います。

サービスの特長

 

AI分野・シンギュラリティ界の熟知

計2000名以上の厳選されたAIエンジニア(日本在住)が登録

人工知能分野に属する人材ネットワーク規模(グローバルDB):合計125,000名以上

ディープラーニングなど人工知能技術を開発するベンチャー・スタートアップの厳選された求人案件をご用意

コンサルタント全員がもともとは研究者やシンギュラリティ界の関係者であることから、AI業界に転職されたい求職者に対して徹底的なヒアリングを実施し、最適な転職活動のサポートをすることが出来ます。

シンギュラリティに備えるための人材採用

シンギュラリティ= Singularity (技術的特異点)とは、人工知能の能力が人類の知性を超える時点です。

2029年頃に起きます。(発明家レイ・カーツワイルの予測により)

テクノロジーが再帰的に変化し、優れた知性が更に創造されることにより、人類の生活が急速に向上するという未来予測法でもあります。

技術レベルの変化パターンは指数関数的である。収穫加速の法則(Law of Accelerating Returns)とも呼ばれています。

我々チューリングズカラー™はDeep Learning(ディープラーニング)を起爆剤として、人類を超える人工知能は日本で生まれるのではないかと考えています。

日本がAI先進国になるために、「領域横断型」な人材を育てるまたは輸入する必要があり、それをTuring’s collar™が促進すると信じています。それを我々のミッションとして掲げています。

Turing’s collar™のご提供できるヒューマンキャピタルには、計算工学やプログラミングだけのではなく、人工知能に関する知識を総合的(認知科学など)に捉えることができ、機能を設計できる人材が豊富に登録してあります。

最も取引のあるクライアントの分野

広告配信テクノロジー

知識情報処理

人工意識

コンピュータゲーム

機械学習

自然言語処理

全文検索

音声認識

パターン認識

ロボット工学

コンピュータビジョン、バーチャルリアリティ、画像処理

データマイニング

深層学習 (Deep Learning)

AI人材に関するトータルコンサルティング

「AI戦略に即戦力を適材適所に」

AI venture + Turing’s collar™ = LEADING THE NEW ERA OF MACHINE INTELLIGENCE

人材紹介の他に、人工知能分野を専門とした人材コンサルティングサービスを御社のニーズに応じてご提供いたします。中途採用代行、人材獲得支援、意思決定支援(アドバイザリーサービス)、戦略立案など。

AI業界出身者だからこそ提供可能なコンサルティングとなります。

AIの新技術の実装に関しては、固定観念のない自分と異なる視点からフューチャリストなアドバイスを貰えば、クライアントは新しい可能性に気が付くであろうと我々は確信しています。